読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか¨モチベーション¨が上がらない。

 

f:id:asako1205:20170207143910p:plain

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

ASAKOです。

 

 

 

今日は¨モチベーション¨の話をしたいと思います!

 

・勉強する

バイトする

・仕事する

 

何かを¨する¨に当たって

誰だってやる気のある時・ない時

 

ありますよね。

 

 

 

もちろんこう書いている私もあります。

 

 

今日はなんか動けない。

なんかダルい。

昨日頑張った方今日はいっか。

 

 

こんなこと思うのしょっちゅうあります!

 

 

たまには休むのも大事!

 

でもこの¨休む¨というのを

いつまでたってもダラダラとし続けるのは

 

間違ってますよね。

 

 

そんなのただの言い訳つけて

サボっているだけです。

 

 

でも人って

モチベーションが上がらないと

なかなかやる気になりませんよね。

 

 

こう考えてみてください。

 

「モチベーションが上がらない」のではなく

「やらないからモチベーションが上がらない」

 

つまり

モチベーション→行動  ではなく

行動→モチベーション と考えるということです。

 

取り組んでみるからこそモチベーションが上がる」

ということは結構多いものです。

 

自動車も自転車も、人が歩くのも全てが

最初の一歩、¨動き出しが最も力が必要¨とするのと

同じものなのです。

 

こんなことはきっと誰もがあるはずです。

何事もスタートが最もパワーを必要とするんです。

だからこそ

行動に移れずにモチベーションが下がっているのなら

「まずはアレコレ考えずにやる」

のが有効な手段というわけです。

 

まず¨やってみる¨を実行するために

「5分だけやる作戦!」

をやってみましょう。

 

これは何はともあれまずは

5分間だけ集中してやってみる

 

、というものです。
できればストップウォッチなどを利用して、その5分間だけはひとまず他のことに気を取られないように頑張ってみましょう

 

5分だけならモチベーションが下がっていても

何とか頑張ることができるはず。

 

5分やってそれでもモチベーションが上がらなければ

一旦その作業がやめておいた方がいいでしょう。

 

これ以上無理してやっていても

今は、モチベーションが上がらない可能性が

高いからです。

 

むしろ無理にやっても無駄なエネルギーを

消耗してしまうかもしれません。

 

 

これは

 

最もスイッチの入りにくい最初の5分を

強制的に集中することで、勢いをつけていこう

 

というのが狙いですから。

 

 

簡単な仕組みでが非常に有効的なので

ぜひ、騙されたと思ってやってみてください。

 

いざ!

やる気スイッチ!!